「ねのいのち・たんぽぽコーヒー」など助産院向け商品の通販もはじめました。運営:かんたろう(資)
ホームアミグダリンについて

★多くのご愛用者様から繰り返しのご注文をいただいており、すぐれた伝統健康食品であることは確かな事実と思われます。

★薬事・食品行政サイドでは、「アミグダリン(別名ビタミンB17)は健康促進の合理的根拠がなく、むしろ、多量摂取による健康被害の可能性がある」との指摘をしています。

★しかしながら、行政サイドで指摘している多量摂取の事例は「3000mgを一度に摂取」など現実から大きく乖離しております。これは、当店のびわ種粉末150gでいいますと、製品10袋程度に相当する摂取量です。1袋を数日~数週間かけて召し上がる程度では問題ございません。

★アミグダリンとこれを含む種肉の有効性・機能性については、「免疫向上」「体質の陽性化」等々といわれ、インターネット上でも散見されますが、いまのところ確実な科学的解明がなされているとはいえないようです。私達としましては、「種はカラダにいい」「なかでも枇杷(ビワ、学名: Eriobotrya japonica)の種はとてもカラダにいいとされ長く伝承されてきた」というだけにとどめておきたいと思います。

★「アミグダリン食品」には他にアンズ、ウメ、モモ、スモモ、アーモンド(ハタンキョウ)などがあります。これらは、バラ科サクラ属植物でとくに種子に多くアミグダリンが含まれています。香りは共通していて「杏仁豆腐」のような独特の芳香感があります。アミグダリン以外にも様々な脂肪酸、ビタミンが含有されています。梅干しの「天仁」(種肉)は種をペンチなどで割って取り出して召し上がる方が多く、もっとも身近で安価なアミグダリン食品といえます。まずは、この「天仁」でアミグダリン食品をお試しいただくのもひとつの方法でしょう。

★びわ種はお釈迦様の時代から「元気の元」の木の実として活用されてきました。ジェイソンウィンターズ氏著「奇跡のハーブティー」に掲載されているもうひとつのアミグダリン食品「アンズ種(杏仁)」よりもアミグダリン(ビタミンB17)含有量が豊富です。

★びわ種粉末とアンズ種(杏仁)粉末とのアミグダリン含有量比較(製品100gあたり)
・びわ種粉末150g      230mg
・アンズ種(杏仁)粉末(※) 30mg ※「甜杏仁パウダー」
びわ種粉末は、アンズ種粉末より約8倍のアミグダリンを含んでいます。

★英文ですが、Cancer Research UK | CancerHelp UK | Laetrile (amygdalin, vitamin B17)が客観的なリトリール(レートリル、ビタミンB17)情報を掲載しています。日本の厚労省ほどネガティブではなく、かといって礼賛するでもなく、客観的な情報を掲載し、判断は利用者にゆだねるという姿勢です。Google言語ツールのページ翻訳サービスを利用しますと、だいたいの和訳が可能ですので、お試し下さい。→実際の翻訳例です

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス